ようこそ!山本教会のホームページへ

日本キリスト改革派 山本教会のホームページへ戻る
日本キリスト改革派 山本教会の外観

ようこそ!山本教会へ

山本教会は、大阪府八尾市のプロテスタント教会です。毎週日曜日10時30分から礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝はどなたでも自由に参加いただけます。キリスト教や聖書に興味のある方は、 お気軽にお越しください。あなたを心よりお待ちしています。

次週の礼拝

日時
9月19日(日) 10:30より
説教題
「アブラハムの死」
説教者
韓相眞(ハン・サンジン)牧師
聖書
旧約聖書「創世記」25章1節から18節

詳細を見る

毎週日曜日 朝9時半から子供のための聖書学校を開いています。
毎週日曜日に子どものための礼拝も開いています。どなたでも参加できます。 聖書学校の案内へ

来会時のお願い

教会では新型コロナウィルス感染症予防のため、マスクの着用や手指消毒のご協力をお願いしています。

マスクを着用したイメージ画像
感染予防のため教会に来会される方はマスクの着用をお願いしています。
手指消毒のイメージ画像
手指の消毒にご協力ください。消毒液は教会入口にご用意しています。

日曜礼拝を配信

山本教会のインターネットライブ礼拝へ
山本教会のオンライン礼拝へ

新型コロナウィルスの影響に伴い、山本教会では日曜朝の礼拝をTwitch(Amazonが提供するライブストリーミングサービス)でライブ配信することになりました。礼拝に参加できない方はもちろん、この機会にキリスト教の礼拝を見てみたい方は是非ご視聴ください。

山本教会のチャンネルへ

お知らせ

2021年9月19日(日) 日曜礼拝「アブラハムの死」

9月19日(日)10時30分からの日曜礼拝は韓相眞(ハン・サンジン)牧師による「アブラハムの死」です。聖書は旧約聖書「創世記」25章1節から18節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

説教映像 : 創世記23章1〜20節 「サラの死と埋葬」 2021年8月15日(日) 主日礼拝

山本教会 創世記講解ー35

説教映像 : 創世記22章1〜19節 「主が備えてくださる」 2021年8月8日(日) 主日礼拝

山本教会 創世記講解ー34

説教映像 : 創世記21章22〜34節 「誓いの井戸」 2021年8月1日(日) 主日礼拝

山本教会 創世記講解ー33

すべてのお知らせを表示する

どなたでも出席できます

山本教会では毎週日曜日10時半から礼拝を開いています。この礼拝には誰でも参加できます。クリスチャンでなくとも構いません。キリスト教に興味がある方は一度お気軽にご出席ください。

教会は初めてという方へ

わたしの教会 この一枚

山本教会の教会員が撮影した写真とコメントを公開しています。

메리 크리스마스

メリークリスマス「메리 크리스마스」

메리 크리스마스

メリークリスマス「메리 크리스마스」

펜지가예뻐요

教会の前です。「펜지가예뻐요」

丹羽さんからの捧げ物

メリークリスマス「丹羽さんからの捧げ物」

クリスマスツリーを飾りました。

メリークリスマス「クリスマスツリーを飾りました。」

皆で楽しい。

예쁜정원 綺麗な庭です。「皆で楽しい。」

美味しかったです。

바베큐 BBQ「美味しかったです。」

教会地元の川に、鴨がいます。A couple of ducks on the church town river.

Jesus follower「教会地元の川に、鴨がいます。A couple of ducks on the church town river.」

山本教会は、中高生対象にミュージックアカデミーを開催します。We are going to have "Music Academy" for junior & high school students.

Jesus follower「山本教会は、中高生対象にミュージックアカデミーを開催します。We are going to h…

恵みの雨、梅雨のシーズンが始まります。Grace season is gonna start by the truth GOD holds all things for us.

Jesus follower「恵みの雨、梅雨のシーズンが始まります。Grace season is gonna start by the trut…

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

詩編 116編

主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。詩編 116編15節

わたしの魂をお救いください

この詩編は死に至るような重い病、あるいは危険から救い出された感謝の詩です。詩人は死の淵に立って恐れおののいていました。彼は肉体の命ではなく…